2017年03月17日

3.11 災害対策訓練 !

3月11日。東日本大震災が発生した日に美濃病院では災害対策訓練を行いました。震度7の直下型地震が発生した想定で、院内の被害状況の情報取集、院内にトリアージエリアの設定、患者受入れまでの一連の訓練を実施しました。
土曜であったため、休日のほとんどのスタッフが参加し、自分の役割と院内の流れを知ることを目的に行いました。特に患者受入れ訓練は、受入れを行う職員と、病院全体の流れを見学する職員の2つに分かれて動く設定としました。この方法は効果的で、緊迫感あふれる赤エリアや患者がクレームを言い出す緑エリアの現状まで、その時に起きる様々な問題や課題をイメージすることができました。美濃消防の職員の方々にも参加いただき、災害のスペシャリストとしての貴重なご意見も戴けました。
この体験を踏まえ、次年度はさらに課題を解決して、より現実的な訓練を目指したいと思います。地道な訓練を繰り返すことが、その時に必ず力を発揮すると考え、今後も災害対策に取り組んでいきたいと思います。
★阪本院長がトリアージ体制を宣言
P1010216.JPG
★緊張の赤エリア
P1010246.JPG
★玄関トリアージは看護師担当
P1010232.JPG
posted by とし at 16:59| 日記